【 原マシナリー】愛知県岡崎市のシリコン加工装置・専用機設計製作メーカー

ENGLISH

TEL:0564-46-4510

HOME > 企業情報:沿革

1948年  3月 石材工具(ノミ、ハンマー等)の製作の為、創業。
1955年  1月 手動研磨機を開発。石材機械分野に進出。
1958年  6月 自動研磨機を開発。岡崎市内に55台納入したのを初め、145台の販売実績を収める。
1969年  6月 岡崎石工団地完成と共に、業務の円滑化を図る為、工場を石工団地内に移転。
1975年  6月 個人組織から法人組織「株式会社 原鉄工所」に社名変更。
1979年  3月 門型自動研磨機(AP-3型)の製造販売開始。2年間で125台の販売実績を収める。
1981年 10月 機械の大型化に伴い、工場を増設。
1984年  8月 試験工場完成。
1985年  3月 自動連続研磨ライン(CA-10PL型)を開発。
1985年  4月 NCヤクモノ加工機(ACH-10型)の製造販売開始。
1990年  1月 セラミックス連続切断加工機(SCT-90型)の製造販売開始。
1993年 11月 「株式会社 原マシナリー」に社名変更。
1994年  1月 工場の規模拡大を図る為、岡崎市滝町に工場を新設、移転。
2002年  3月 シリコンインゴット切断機(HS-3型)開発をはじめ、シリコンに関わる多機種の装置開発開始。
2002年 10月 使用済み自動車分解ライン(BLM-01型)を三重大学・他企業と共同開発。
2003年  4月 石定盤製造装置(PB-3053型)を開発。
2004年  2月 ダイヤ穴掘機(B-2型)をメキシコへ輸出。
2004年  5月 自動搬出入装置付ダイヤモンドビーズソー(ACC-3540型)をポーランドへ輸出。
2004年 12月 超精密研削装置(COP-1010型)を開発。独立行政法人理化学研究所(SPring-8)へ納入。
弊社の功績が認められ、感謝状を頂きました。
2005年  1月 CAD/CAMで動くコンクリート平板自動加工ライン(GSE-934/GCE-925/GDD-926型)を開発。
2005年  7月 シリコンインゴット2枚刃自動切断装置(SIC-2008型)をアメリカへ輸出。
2006年  5月 シリコン3軸研磨機(CB-210型)を開発。
2006年  7月 単結晶シリコン2枚刃2軸可動加工機(SIC-3000型)を開発。
2010年  4月 愛知県中小企業ものづくり基盤技術開発推進費補助金を受け、太陽追尾装置を開発。
2010年 12月 ポリシリコン研削装置(SOURCE.ROD GRINDER(SCM-0075型))を韓国へ輸出。

株式会社原マシナリー
〒444-3173 愛知県岡崎市滝町字追ノ狭間6-3
TEL ( 0564 ) 46-4510  FAX ( 0564 ) 46-4511

Copyright © 2010 HARA MACHINERY CO., LTD. All Rights Reserved.